恋愛も結婚も面倒クサイ人にオススメ・・・!せふれという形を選ぶ方法

zehure4

基本的に人間関係なんていうものは、面倒クサイものなのです。
他人と恋人になる!とか、夫婦になる!とか、面倒を背負い込むのと同じですから。
かといって、誰とも付き合わないでいると、セックスができません。
あなたはセックス無しで生きていけますか?
そう考えたとき、都合よくセックスだけできる関係を持ちたいと思ってしまうのです。
今、セフレが大人気なのもよくわかりますよね。
ここでは、セフレという人間関係を選ぶ方法について、ご紹介しましょう。

●セフレって簡単にできるの?注意点は?

セックスだけできる関係を持とうとしてくれる女性なんていると思いますか?
なかなか都合のいい話ですよね。
答えはズバリ!存在します。
タイプは大きくふたつに分かれまして、ひとつはメンヘラくだくだ女です。
これは、依存症にかかっている人で、クスリに頼った生活をしていることがほとんどですから、いきなり恋人になることを要求されたり、結婚してくれなきゃ許さない!みたいな展開に陥る可能性を含んでいます。
いわゆるストーカーに変貌するかもしれない女性と、あなたは付き合うことができますか?
もうひとつは、性欲むき出し女です。
セックスをスポーツかなにかと勘違いしているかのような、欲求むき出しのセックスを望んでくるタイプですね。
毎日会わなければ許してくれないかもしれませんし、複数の男性とセフレ関係になっている可能性もあります。
そうなると性病をうつされる確率が高くなるので、危険な女性といわざるを得ないでしょう。

●セフレにしたい女性の特徴とは?

都合のいい女が、理想通りの性格や容姿を持っているなんてことは、ほとんど望むべくもないことですが、それでも男性は理想を追いかけてしまう生き物です。
セフレとしての理想像は、まず竹を割った感じのサバサバした性格の持ち主であることでしょう。
過去を振り返らず、ジメジメしたところがない人。
なにやらカラっとした男っぽいイメージになりますが、実はこの男っぽいというのがキーワードになります。
あまりにも女っぽい部分が目立つ女性は、セフレという人間関係を理解できないでしょうね。
セックスだけ、体だけの関係ということは、相手のことを好きになってはいけないというなんです。
それをかたくなに守れる女性は、この世には少ないと考えるべきでしょう。
ハードルの高い話ですが、それを目指すつもりがなければ、セフレなど探さないほうが無難です。
お金でセフレ関係を保っている人もいますね。
精神的に割り切るには、もしかするとセックスのたびに男性側からお金を支払うほうが、あっさりと収まるかもしれません。
得るものがあれば、失うものもあるという考えなら、セフレを続けられると思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です